ムートン製品のことについて、お客様より良くいただく質問やお問い合わせにお答えした内容についてご紹介しております。
tel:0120-401-910
メニュー
HOME  > よくある質問

よくある質問

ムートンは 洗えますか?
「ムートンを洗いたい!」と、言うご質問をよくいただきます。
舛田社が製造したムートンは、高度なクロームなめし加工が施されているので、ムートンの皮革部分は、中性洗剤を薄めた水で簡単に洗うことが出来ます。ただ、裏地や付属品などが付いている場合には、それらの組成を確認してから洗われることをお薦めします。

しかし、他社製品や海外製品の安価なムートン製品などでは、皮革加工のなめし処理方法が異なり、水洗いが出来ないムートン製品があります。
当店が、他店にてお買いになられたムートン製品のメンテナンスやクリーニングをお断りしているのはその理由からです。

街のクリーニング店では、石油系のドライクリーニングで洗われることが多く、それは、上記の理由と裏地や付属品などが水洗い出来ない場合があるからです。

当店では、ムートン製品のクリーニングは、マスダ社の提携工場のムートン専門工場にて洗浄処理を依頼しております。
 

クリーニング 前
クリーニング 後
ムートンは、1年中使えると聞きましたが、夏も使えますか?
お買求めになられる時に売り場の定員さんから「ムートンは1年中使うことは出来ますよ。と聞いたのですが、本当ですか?」よく言われます。

はい、ムートンは化学繊維製品ではありませんので、ムートンとお肌に接した部分でも、湿性・放湿性能に優れているので、ベト付かずにいつもサラサラで、温度も約33度程度を保っていますので、暑くなく寒くなく丁度良い温度でお使いいただけるのです。
しかし、人によって体質や体感が異なりますので、夏に使われて不快に感じられるのでしたら控えられたらいいと思います。
ムートンは、常に環境を湿度50~55%・温度約33度に保ちますので、年中使える寝具と言われ、リューマチや褥瘡(じょくそう)難治性潰瘍(床ずれ)などの方に医療用・介護用としても使用されています。
 

ムートンのお手入れは?
ムートンの日頃のお手入れは、ブラッシングとホコリやチリを取り除き、日陰干しをすることです。

使われている間に毛が寝てきたりした時には、専用ブラシで毛並みを整えます。その場合のブラシの使い方は、毛に合わせて根元から毛先へ上下にといで下さい。毛が絡まった状態で強く引っ張るようにされると、毛が抜けたり 切れたりしますので気を付けて下さい。ブラシが通りにくいときは、霧吹きなどで少し湿らせてから梳かれると、毛のとおりがし易くなります。

また、毛の中に入ったホコリやチリなどは、毛の絡まりの原因になるので、掃除機で毛の部分に当てて吸い取ったり、屋外で軽く叩かれて取り除いてください。ホコリやチリで毛が絡まり毛玉になって毛が傷んでしまいます。

そして、ムートンは湿気を嫌がります。ジメジメした状態で長い時間置かれると皮革自体が傷み劣化の原因になります。特に裏側のバックスキンの部分が乾きにくいので、時には風通しの良い場所で日陰干しされることをお薦めします。
 

このページの上へ